東武東上線の踏切事故

東武東上線において踏切事故が起こりました。幸い、けが人はいませんでした。報道によりますと女性がギアをドライブに入れたまま車を降りたこと、車のクリープ現象によって踏切内に侵入したことが事故原因のようです。悪意な意図をもって不安全行動をしなくても、こんなことをしてしまうのが人間です。再発防止はこの「人間特性」を検証することにあります。このテーマは業務案内の安全講演「社会的事故から学ぶ」に追加しました